FC2ブログ

リズムのかほり

Marjie

marjie.jpg
Marjie - The Blues Blasters (Coxsone 1962)


遅れましたが、先日は、 THE GOGGO の24周年イベントでした。
改めておめでとうございます。それにしても同級生が24年間お店を経営しているってすごい。今年は拡大移転もしてるしね!生まれる前からお店があったというお客さんもいました。リベリアルズも、かれこれ4周年イベント頃から参加させて頂いておりますが、自分たちも歳をとったな。それでも、皆もその頃と同じ顔ぶれあったりで安心もしました。来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

メンバーといえば、骨折していたギタリストも直前には何とか間に合いましたが、それまでのスタジオのリハーサ期間は結構あったのに、毎度、雑談8 : リハーサル2で、土壇場にならないと、リハーサル出来ないのが悪い癖なバンドですが、今年最後になるライブが決まっております。どうぞ、よろしくお願いします。

dumplings

2018.12.29(sat)
22:00 start adv.2,500yen / day3,000yen
at Live & Lounge Vio
Dumplings
【Live】
The SLVER SONICS
The RE-BURIALS
Dumpling session

【DJ】
BEPPU (Right On Time)
AKIRA, YouthKay (SHOCKER!!)
SHIN-ZO, SWIN-G (SET ME FREE)
RASKAL BOYS


昨日は年末に向けてのスタジオ・リハーサルで、キーボードにサポートをお迎えしました。かなり音楽的に幅の広い方で、勉強になりました。思い出した曲を1曲。自分の持っているのは18歳頃に買った、2nd press ですが、ピアノのイントロが印象的な初期モノのシャッフル・スカです。珍しくエンディングもフェードアウトではなく、きっちりと終わります。確か、Cool Wise Men さんもやっていたような気がします。こんな曲もやりたいな。



THE GOGGO 24th Anniversary Party !!

11月11日(日)は、今年、移転拡大された 豊橋市の服屋さん THE GOGGO さんの周年イベントでライブがあります。

201811042311238ba.jpeg

20181104231123ee9.jpeg

2018.11.11(SUN)
THE GOGGO 24th Anniversary Party !!
at The Brides Bridge
17:00-22:00 ¥3,000(3 TICKETS+GIFT)
◆LIVE
HEP KINGS
THE RE-BURIALS
◆DJs
FUJII(HEART BEAT)
KOMODA(こもぱん)
ADO(LOOM)
UJISAWA
BANNO(THE GOGGO GOGOGON)


毎年この時期になると悩むのが、HEP KINGS + THE RE-BURIALS のメンバーによるプレゼント用のセレクト音源。
今年は何にしよう・・・。

thegogo.jpg

お近くの方はぜひお越しください。


PIMENTO

piment画像
Pimento - Bill Doggett (king 1958)


ここ最近、出張が多いので、昼食は1人で出張先近くにあるお店に入るのが常なのですが、同じようなサラリーマンが、ながらスマホで食べてたり、相席のおっさんがくちゃくちゃ食べてたりすると、モラルの低下を感じます。一体、彼らは今何を食べてるのか分かってんのだろうか?同じような話で、テレビをつけながら食事することもにも抵抗があります。今何を食べてるのか分かってんのだろうか?…。というのが心の叫びです 笑。古い人間で上等。

Bill Doggett の曲は全般的に好きな曲が多いです。60年代のジャマイカに大きな影響を与えた黒人オルガン奏者の1人かとも思います。ルーツを追求してる人には代表的なナンバーなのですが、カップリングの Boo-Da-Ba は、Skatalites によるカバー "Ska Boo Da Ba" の元曲として知られる曲です。紹介する曲も強烈な裏打ちとファンキーな R&B で好きな曲です。


Tanganika

Tanganika.jpg
Tanganika - Sam "the man" Taylor (USA MGM 1958)


つまらない飲み会付きの出張ウィークから、週末の台風とバタバタしていましたが、今日くらいからようやく落ち着いたような気がします。あれよあれよという間に台風25号。来月11月は、先日、拡大移転した毎年恒例の THE GOGGO さんの24周年イベント。確か昨年は台風だったか?年末にも名古屋でのライブが決まっており、ギタリスト不在のなか、新しい曲なんかやってます。

Sam "the man" Taylor の曲を紹介するのは初めてではないかと思いますが、ムード・テナーの帝王のUSリリースです。後に日本に活動の場を移しているので、独特なエコーの効いた例のムード歌謡のリリースなどで、作品は本国アメリカよりも日本の方が多くリリースされているようですが、エキゾチックな雰囲気と、オーバートーンなサックス好きです。


Soul Limbo

soul limbo

Soul Limbo - Booker T. & The M. G’s (Stax 1968)


振替休日だったのに、天気悪く、予定をしてたことは一切出来ず、外出もせず、娘が散らかすのを追うが如く掃除をしてたら夕方になってしまい休みが終わった。また明日から仕事かぁ。

現在、ギタリストが骨折のため不在ですが、秋から年末のライブ予定も入りつつあります。大丈夫なんか?
カリプソのジャンルにしていいのか?って感じですが、この曲を聴くと、曲調は違えど、なぜか初期のカセットコンロスさんを思い出します。


Lollypop

lollypop.jpg
Lollypop - Louis Jordan (Decca 1954)


夏休み期間中なのにどこも連れて行けてないので、自分の休みにはほぼ毎週、息子と娘を連れて遊びに行くのですが、昨日はさすがにハードスケジュールだったのか!?下の娘が疲れ果て熱を出してしまいました。良かれと思ってたんだけどね…。申し訳ないね。

オリジナル盤は78回転かと思うのですが、個人的に好きな1曲です。序盤からのオーケストラ的なアンサンブルも良いですね。


BURNING CREATION

レコード
CREATION - Prince Buster (Prince Buster 1963)


BOOP - Raymond Harper (Prince Buster 1963)


久しぶりの更新。
ここ最近、結構なネタありますが、聴くのが追いついてないので、過去録音から。
地味に更新してきますので、よろしくお願いします。

スタジオでは、初心に戻って、「スカとはなんぞや?」というところからやってみようかと。
そんな最中、ギタリストが骨折して入院。腕でなくて良かったか。
8月後半。子供たちの夏休みも後半。只今、自由工作の思案中。





ALL MY DAY

ギャバ
ALL MY DAY - JACKIE EDWARDS (1962)

先日の Blowin’ Sounds でのライブ、お越し下さった方々、演者の方々、主催の Kaku くん、ありがとうございました。普段とはまた違ったイベントでしたので、初めてお会いする方も多く、呑まないと決めてたのが、少しだけホロ酔いな感じでやらさせて頂きました。
会場の House Of Crazy の松崎さん、会った瞬間からお互い笑いが止まりませんでした。
おそらく約20年前のリベリアルズ初ライブの会場だったかと思います。
なんとなく、その時と同じギャバを着用してきました。
結局、洋服も音楽も昔から変わってないってことか。

その頃と思われる写真
ギャバ2

7月1日(日)は、友達の The Goggo さんの拡大移転のプレオープンで、演奏させて頂きます。各メンバーも移転のお手伝いをさせていただき、なんだか長年の付き合いもあってか、私自身込み上げるものがあります。店主のハイセンスかつ膨大な商品と、新しいお見せの雰囲気を感じがてら、ぜひお越しください。


告知

スタジオより帰宅。
久しぶりの更新なのに直前の告知を。

『All Souls Live』@House Of Crazy
豊橋市松葉町1丁目26
2018.06.23 土曜日
19時オープン
Charge ¥1500+1drink order

◆Live
All Souls
Kaku Conga Piano Trio
Blowin‘ Sounds


20180622005357199.jpeg


ベェラフォンテのデザイナー田中昇さんのバンドAll Soulsを豊橋にお迎えしてのスペシャルな夜です。

年2回程度、サックス、ベース、ギター、パーカッションの小編成で出演の際は、「Blowin’ Sounds」 と命名してやっています。おもにカリブ海界隈の曲だったり、元ネタだったりの曲を選曲してますが、基本的には完全アドリブのセッション・バンドです。
会場の House Of Crazy は、何と言っても20年前のリベリアルズ、記念すべき1stライブ会場でもあり、1st、2nd 7inch のレコーディングでも一発録音した思い出の会場ですので、個人的にも久しぶりで楽しみです。kakuちゃん呼んでくれてありがとう!

お近くの方はよろしくお願いいたします。


THIS LOVE OF MINE

THIS LOVE OF MINE
THIS LOVE OF MINE - MIKE ELLIOTT (CARNIVAL 1963 ??)


徒歩通勤、まだ続いています。久々に体重計ったら、なんと4キロ程落ちてました。
それにしても、井上尚弥強いなぁ。空手は小さい頃やっていたけど、ボクシングやキック、一度はやってみたかったスポーツです。今更、手遅れかな 笑

年2回程度のサックス、ベース、ギター、パーカッションの少人数での出演の際には、「Blowin’ Sounds」 と命名して、でやっています。おもにカリブ海界隈の曲だったり、元ネタだったりの曲を選曲してます。
最近になって、やり始めた曲です。
THIS LOVE OF MINE - MIKE ELLIOTT
カーニバル・レーベルは、なんとなくガチャガチャした感じ多いと思ってたので、あまり持っていません。本家の元ネタは分かりませんが、レイ・チャールズの名曲ですね。個人的にはカップリングの曲がメインだったので、あまり気にかけていませんでしたが、MIKE ELLIOTT、ローランドやトミーにも通じる味のあるサックスが好きです。MIKE ELLIOTT、他にもないんかなー


 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

タロウ

Author:タロウ
1973年11月生 愛知県豊川市出身

京都 古着屋で働いていた10代の頃、店主の流すBGMで、オリジナル "7" に出会い、地味にレコード収集を始める。その後の誘いで、セレクターデビュー。90年代後半バンド「THE RE-BURIALS(リベリアルズ)」を結成し、T.SAX & VOCAL を担当。

ここでは、ぜひ紹介したいビンテージ・ビニール、クロージング、インテリアなどを紹介してきたいと思います。
興味のある方はよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
リズムのかほり (82)
SKA (57)
ROCKSTEADY (19)
REGGAE (10)
BLUE BEAT (19)
R&B (46)
CALYPSO (12)
OTHER EP (9)
THE RE-BURIALS (40)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR